「1人でサイトを作りたい!」と思った時の最低限のノウハウ

ひっしゃのコラム
スポンサーリンク

サイトを立ち上げてみたい人に

 今回は「サイトを立ち上げてみたい!」「ブログを始めて見たい!」という魔界への一歩を踏みだそうとしている方々のために、当ブログを立ち上げるために使ったツールや方法について簡単に紹介していきます。

 全大衆向けに書くわけではないので、ある程度言葉を選ばずに進めていきますのでご了承下さい。

一番重要なコト


 自分で調べるのを面倒臭がらないこと!!!


 サイト運営は、正直このマインドさえあればなんとかなります。

自分でwebページを持つと、想像以上に様々なトラブルが頻発するので、その解決方法を探るために平気で3、4時間持ってかれてしまったりします。大丈夫です、それで通常運転です。

ホームページ制作のツール

初心者向がサイト運営に手を出す時に有名なのは以下でしょうか。

●Wordpress
●はてなブログ
●Note
●Wix
●Jimbo
●BASE

 ブログを始めたいとなったら、「Wordpress」か「はてなブログ」。小洒落たコラム風にして文章を書きたいと思うのであれば「Note」。法人向けホームページを作りたいと思うのであれば、「Wordpress」だけでなく「Wix」や「Jimbo」もあるし、簡単なネットショップを作ってみたいと思うのであれば「BASE」が手軽だったりします。

 本当に用途によって様々なオプションが用意されていますが、「Wordpress」は簡単に言うと、万能であり面倒です。上記の、トラブル解決に膨大な時間が持って行かれるのもWordpressの話です。

「はてなブログ」や「BASE」など、用途に特化したツールを選べば、それだけ運営の周辺作業も楽になるので、自由なデザインに特別こだわらず短時間に物事を進めていきたい人であれば、特化型のツールがオススメです。

 ちなみに当サイトはWordpressです。ここから以下は、Wordpressに挑戦しようと考えている人向けです。

サーバーは『ロリポップ!』、ドメインは『お名前.com』

 当サイトのサーバーは「ロリポップ!」で、ドメインは「お名前.com」で取得しました。

 Wordpressユーザーで多いサーバは「さくらインターネットサーバ」、「エックスサーバー」、「ロリポップ!」辺りですね。


「ロリポップ!」を使用している感触としては、「結構不満が多い」です。正直、ロリポップは安さだけがウリのようなものなので、100均にイチャモン付けるような人間は射殺されても文句は言えないように、ロリポップにイチャモン付けるのも同様の罰則な気がします。とにかく、サーバーが何の前ぶれもなく重くなったり、バックアップ体制が整っていなかったりします。

 ちなみに、私が今サーバーを選ぶとしたら、迷わず「エックスサーバー」です。データ容量が大きいから、画像や動画を貼っても心配ないし、自働バックアップ機能も無料で使えます。サイトをある程度長い目で運営していこうと考えている人なら、「エックスサーバー」がいいと思います。

 ドメインに関しては「お名前.com」ユーザーが圧倒的多数というイメージですが、ロリポップユーザーは「ムームードメイン」との互換性が高い関係から、こちらを使ってる割合が多い印象です。

 ドメインに関しては、「どこで取得しても大して変わらない」というのが正直な感想です。サーバーと違ってドメインが原因でトラブルが起こることはほぼないですし、価格帯もどこで取得しようが、半年に数百円単位でしか変わりません。

 ちなみに、私が「ムームードメイン」ではなく「お名前.com」を使っている理由は、「ムームードメイン」の登録時に電話番号認証が必要で、海外では取得できなかったためです。ちなみに「Value domain」も電話番号認証なしで登録可能です。

Word Pressのテーマは『Cocoon』

 Wordpress無料テーマの最高峰として界隈で知られている『Cocoon』ユーザーです。私自身が使っているので分かるのですが、ある程度有名なブロガーでも、「あ、この人Cocoon使ってるな」と気付くことが結構あります。ヘタに有料版のテーマを買うくらいなら、Cocoonで十分です。

 高度なページデザインの要素があらかじめ組み込まれているので、新たにプラグインを導入したり、CSS、HTML編集をする必要性が圧倒的に減ります。

 当方は、Cocoon作成者「わいひら」さんの急逝を思うと夜も眠れないし朝も起きれません。すごく頻繁にアップデートしてくれます。

ヘッダーデザインとアイキャッチの作成は『Paint.net』

 ホームページの看板ともなるヘッダーのデザイン「ブログじゃねえよ!」は『Paint.net』という画像編集のフリーソフトで作成しました。ダサいことは自覚しておりますが、初心を忘れたくなくてずっとこのままにしています。毎回の記事のアイキャッチ画像もPaint.netで作成しています。私はこれで何ら不自由を感じたことはありません。

 そして、Adobeイラストレーターを使える皆サマには多大なる敬意を示したいと思います。

1記事の作成にかかる時間は大体4時間

1記事の作成において踏んでいる手順は以下です。

1, リサーチ(1時間)
2, 執筆(2時間)
3, 編集(1時間)

 執筆をgoogleドキュメントで行っているため、編集にムダに時間がかかります。Word pressに直で書くと、執筆中に見える文章の範囲が狭く文脈を意識しづらいのと、誤字判別がないためです。Googleドキュメントの方が自動保存も速いです。


編集で行っていることは、

① googleドキュメントからWord pressへの記事のコピペ
② 改行と文字の大きさの調節
③ 関連記事の紹介文作成
④ アイキャッチ画像の作成
⑤ パーマリンクの変更
⑥ カテゴリの設定
⑦ 投稿時間の設定

です。Wordpressを使うと、自由度が広がる分、やはり編集に時間がかかります。

「④アイキャッチ画像の作成」と「⑤パーマリンクの変更」は、初心者でもやった方がいいです。アイキャッチ画像の自作は、著作権の関係と、SNSで映えるという理由でオススメです。パーマリンクは日本語のままだとURLにした時にとんでもなく長くなってしまうので、必ず自分で英語表記にするようにしましょう。

実はデータを1回ごっそり消してる

 ここからは、番外編になります。

 ブログ開始当初、サーバーとドメインの登録が終わり、「サッ、やったるで~!」という勢いで、サイトのデザインをし、記事をポンポンポン3つ程書いた矢先のコトです。(そんなに順調ではなかった。)

 あれ?公開されてないやん。

 おかしいな、と思ってサーバーの会社に連絡すると、

「FTP上の公開フォルダ内にサイトデータが存在していません。」

と言われました。「はぁ?日本語で言ってくれよ。」と当方留学生としてはアリエナイ発言をぶっぱなしそうでしたが、「ナンカとりあえず作ったデータを別のフォルダに移せばいいのね」ということは分かりました。

 あんまり専門的な分野に入ると拒否反応でアナフィラキシーショックになる人が出てくるので詳しくは控えますが、とりあえず外にあったデータを中にコピーしました。(説明雑すぎ。)

 そして外にあったデータを移したことだし、フォルダを「お掃除しよう!」と思って外に出ていたデータを消すときに、移し先のファイルも一緒に消しました。

 現実世界では全くをもって「お掃除しよう!」なんて気持ちにはならないのに、ナゼこの時だけドヤ顔で張り切ってしまったのかが究極の疑問なのですが、とりあえずサイトが消滅しました。

 やる気満々の時にこういうことがあると、結構萎えます。

今だから言えますけど、その時のショックは「結構萎える」とか言うレベルではなかったです。正直、「今ならばもう地球が終わっても構わない」と思っていました。

 とりあえずサイトのデータを扱う時は本当に慎重になって、念のため5万回くらいバックアップを取った方がいいです。

 そして今のところFTPに関しては、女子高生のオシりくらいサワっちゃいけない場所だと思っています。

今どう思うか

 サイトが消滅した時、サーバー管理会社の方にバックアップデータがあるかもしれないということを知り、連絡を取りました。で、その返信待ちの時間が半日くらいあったんですけど。

 その時本当に自分のサイトがなくなってたらどうしようって不安で不安でしょうがなくて。でもこの不安って、サイトが無くなるという事実に対する不安じゃなくて、「この失敗で自分が行動に移そうと思ったことを諦めてしまうかもしれない」ということへの不安だったんですよね。

 だから、どうなっても絶対続けようという意思だけはその半日で固めました。結局サーバーのバックアップは既に更新されていてデータはなかったんですけど、これがまた、「ぜってぇ止めねぇ!!」の意思に拍車をかけてくたのかなって、今は思っています。

 結局ノウハウよりも何よりも、「折れない心」ですね。

タイトルとURLをコピーしました