成功者になるためのたった1つの法則がムリゲー過ぎた

ビジネスという言葉は怪しい
スポンサーリンク

成功者は究極の失敗者であるという学説があります。

成功者ってさすがに人生苦労し過ぎじゃないすか?

 当方、世間的に言われる「自分の時間」というものの99%を読書とネットサーフィンに割り当て、残りの1%で世界平和について考えるハイパー根クラ平和主義者です。こんにちは。

 この「読書とネットサーフィン」というアピり様のない趣味について、就活で誇張する際には『未だ見ぬ人間を知る活動』として説明しようと思っています。この低レベルなパイオニア精神のおかげで、「成功者になるためのたった1つの法則」というアヤし過ぎる響きの法則について、統計的データがとれました。





多額の借金を抱えるか、親が離婚すること



以上です。


 これだけです。とりあえず成功したい人は、今すぐアコムに駆け込んで手に入れた1億円をラスベガスのカジノのバカラで全額賭けるか、両親に離婚を所望しましょう。 実は、ホリエモンも、GMOの熊谷社長も、Youtuberのラファエルも、一度気の遠くなるような借金を抱えています。

 このような統計データが取れてしまう理由には、そういう「ドン底からのサクセスストーリー」みたいなのがモテはやされやすいから、というのもあるのでしょうけど、単純にそれだけではない気がします。


 なので、今回は「成功者はナゼこんなに人生に苦労してしまうのか」。コレについて考察して行きます。

「急がば回れ」とか言ってるヤツは、相当人生に苦労したことないんだろうなって思う


成功者は高確率で借金か両親の離婚に直面している


 この事実を目の当たりにして思うことは、「人間って想像以上に必要に迫られないと頑張れないんだな」ということです。逆に捉えると、『負の原動力』より強いものはないということにもなります。

 先程挙げた2大成功者法則の「借金」も「離婚」も、大概の場合落ち着く先は金銭の欠乏で、状況は『お金を稼ぐこと』でしか変えられません。何不自由ない生活が出来る人よりも、「本当にお金が必要」な人の方が、どうすれば生活を良くできるかについて考えるのは当然です。


 つまり、余裕がある人間じゃないと、「急がば回れ」なんてことはできないワケです。余裕がなくて本当に頭の良い人間は、「舗装されていない最短ルートと舗装された回り道があったら、最短ルートを舗装しながら最速で走って行く」のだろうなと思います。つまり、ブルドーザーです。人以上に短期間で苦労して、行動出来るパワーを兼ね備えているだけの話です。

結局諦めないこと

 先程『負の原動力』の話をしましたが、実際は『負の原動力』をかからないままのエンジンとして放置している人の方が、圧倒的に多いんだろうと思います。これが、冒頭のスティーブジョブズの言葉にある、「ない」を理由に動き出さない人間です。

 それでも、「お金がない」でも「時間がない」でもなく、そこで「諦めない」人間だけが原動力を手にします。


 とすると結局、成功者の「成功」っていうのは、「カネ持ちになること」でも、「地位も名誉も手に入れること」でもなくて、『不幸を不幸だと思わない才能を持って生まれたこと』だけなんじゃないかとすら思えます。 

 そして、これと対照的な場所にいる『余裕のある人間』によくありがちなのが、なり振りを構い過ぎることです。本当はやりたいはずのことがあるのに、「初めの出来ない状態」や「失敗」を恥ずかしいと思って、いっぱいいっぱい理由を付けて、止めてしまいます。挑戦できないことが、年々多くなって来ます。


 だから、せめて30歳くらいまでは、

 ダサくても始めること。誰にも見られていなくても続けること。次の方向性に確信が持てるまでは今やっていることを止めないこと。


 これくらいは徹底出来るようになりたいと、ふと思った今日この頃でした。




▼コチラもどうぞ。
優柔不断から抜け出すために把握すべき3つの【迷う理由】
現世を生き抜く上で最も重要な『親近感』の心得

タイトルとURLをコピーしました