【ガクチカ】学生時代に頑張ったことに正解を求めてしまうあなたへ

悩める仔羊系就活生
スポンサーリンク

これは、『就活』記事だ。

犬ぞりレース

 ワタクシの敬愛する作家、森博嗣の作中にこんな言葉がある。


企業の人事部は優秀な学生を採るのではない。
犬ぞりレースのために犬を選ぶとき、賢い犬を選びますか?

 この文章は軽く5万行の行間を兼ね備えているので、いっそのこと就活を見据えて「犬ぞりレースのイヌとやらの選考方法を考えようじゃねぇか」と思い至った。すると、その要素が面白いことに就活の定番質問「学生時代に力を入れたこと」通称『ガクチカ』の考えにピッタリと当てはまっていた。

 以下より、考察の末に選び抜いた『イヌのチェックポイント』を順に挙げていく。就活生諸君は、犬ゾリレースの選抜に来たと思って自分をアピることができれば、面接で一つの武器になること間違いなしだ。

条件1:従順さ

  まず、犬ぞりレースのイヌは、何と言っても『従順であること』が重要だ。イヌは、言ったことを聞いてくれないと何の意味もない。どんなに爆速で駆け回れる犬でも、言った方向に進んでくれないとありがた迷惑だ。とにかく、方向が決まったらチョロQ並みの迷いのなさで突っ走って頂きたい。

条件2:モチベーション

 続いて、『どうやったらイヌが動くか』だ。エサを与える量を少しずつ多くしていけば、きっとイヌは動き続けてくれるだろう。

 しかし実際は、「何も与えなくても自動的に動いてくれるイヌ」がベストだ。これは凄い。とにかく、自発的に動く理由を探してくれるタイプのイヌだったら申し分がなさすぎる。

条件3:能力

 次は、『速くて持久力があること』だ。とにかく、速度だ。速度のあるイヌなら何だっていい。チワワでも、ドーベルマンより持久力があって速いなら、もういっそのことチワワでいい。なりふり構ってられない、この際は迷わず、チワワ一択だ。

条件4:オリジナリティ

 これはあまり重要ではないが、『オリジナリティ』なんかもあるといい。カーブでマリオカートのごとくドリフトを決めてくれるとか、おしっこの頻度が少ないとかだ。

 そういうのはまぁなくてもいいが、あったら面白おかしいに違いない。

何が言いたいか

 散々、『犬ぞりレースの理想的なイヌ像』について語ってきたが、これが何を意味するのか。

 それは、企業が人を見る指標にはちゃんと『優先順位』が存在する、ということだ。そしてシンプルにするとそれは、


1, 従順さ
2, 動機
3, 能力
4, オリジナリティ


このような感じなんじゃないかと思う。



 突拍子もないのだが、昨年日経15段を飾ったP&G『パンテーン』の広告をご存知だろうか。


こちらだ。


 これは恐らく実現からはほど遠い、『実態の伴わないメッセージ』だが、10月1日、各企業の内定式にぶつけて日経に載せたことで見事に話題になった。


「スーツに黒髪の就活なんてもういい」


これを訴えるための広告だ。

分かってる。そんなのもう誰もが分かってる。
ではナゼ、実態は伴わないのか。


 その答えが、イヌぞりを動かすのには『オリジナリティ』よりも『従順さ』の方が大事だから、なんじゃないだろうか。

後はもう自己分析

 そして、就活における従順さや真面目さを持ち合わせていたら、後はもう鬼のように自己分析をすることのみだ。

 私が大学3年次で就活をしていた時に、会社における人事の指標は『能力×指向性』だという話をよく耳にした。これは言い換えると、イヌが『効率的に動けるか』と、『何が理由で動けるか』ということなんだと思う。そしてそれが、会社の進みたい方向と一致していれば、「採用!」ということになる。非常にシンプルだ。


だから、『何が理由で動けるか』

 これを整理するのが、めちゃくちゃ大事だ。業界分析の前に、まず自己分析と言われる所以だ。そして一番重要なのが、『自分が何が理由で頑張れる人間だから、どういうキャリアが最適なのか』。もう自己分析ってのはこれだけなんじゃないかとすら思えてくる。やりたいやりたくないというより、『何が理由で頑張れるか』だ。


 ESや面接の定番質問として、「学生時代に力を入れて取り組んだこと」がある。この俗にいう『ガクチカ』は、「てめぇは何が理由だったら、エサが与えられずとも、自発的に動いたのか」。これが聞きたいだけだ。とにかくそういうイヌが、ベストなんだ。それを知ろう。


 就活で必要なのは、「賢さ」や「他と差別化できるスキル」であるような気がしてしまうが、こういう能力やオリジナリティのようなものは、優先順位としては意外と後だ。だから我々就活生は、必死になって『凄み』をアピールする必要はない。求められているものは非常に、シンプルだ。




▼こちらもどうぞ。
「とりあえずなにか、でけぇことをやりたい」という就活生
人生の目的?そんなものある訳ねぇだろ。

タイトルとURLをコピーしました